Archive for 11月, 2014

結婚祝いを消費者金融で借りた。

水曜日, 11月 19th, 2014

主人の毎月の給料では毎月赤字です。

住宅ローン、食費、日用品費、公共料金、携帯電話・電話代などの生活費に加え、子供が幼稚園に通うようになり教育費もかかってきました。毎年一回主人の給料も上がっていきますが、それ以上に支出も増えていくので、結局赤字です。

今年は幼稚園代の授業料、子供の習いごとの月謝代も値上がり、消費税も開始、物価も上昇・・・とお金がかかることばかりです。子供も大きくなってくるので、よく食べるようになり、食費もどんどん増えています。

私が働きに出たいのですが、下の子がまだ小さいため働きに出られません。下の子を預けて、上の子が幼稚園に行っている間の3~4時間くらい働こうかとも考えましたが、下の子は保育園がいっぱいのため、託児所に預けると一時間700円、私のパート代が仮に時給に850円だとしても交通費等を考えるとトントンくらいの収入にしかなりません。

ボーナスで毎回補てんしていますが、それでも足りず貯金を切り崩して生活していますが、貯金ももうすぐ底を尽きるので、微々たるお金にしかなりませんが、私が在宅で内職をして補てんをしています。

先月姉の結婚式があったのですが、その時のお祝いを家族分で包むことができなかったし、もし包んだとしたらこれからの自分たちの生活ができなくなるとおもい、専業主婦が借りれる消費者金でお金を借りて、失礼かと思いましたが、お祝いを包みました。※消費者金融※専業主婦でも総量規制対象外の銀行カードローンならOK

姉にはバレていないので大丈夫だったのですが、気持ちの面では本当に申し訳ない気がしてなりません・・・

あとは日々の生活は節約をして生活するしかありません。たとえば、お風呂の湯は満タンにしない、子供が食事するときはティッシュを使わないように濡れタオルをテーブルに置いておく、家族でお出かけするときは外食をせずお弁当・水筒は必ず持参、お出かけ先は無料施設を選ぶ、実家(県外)へ行くときはガソリン代節約のために高速は使わず一般道でいく、高速をどうしても使うときは深夜割の時間帯にする、子供の髪の毛は自宅でカットなど節約できるところは節約してかなり切り詰めて生活をしています。それでも、苦しいのであとは私が内職でがんばるしかないかなあと考えています。

 

 

生き物を飼ってしまいます

火曜日, 11月 4th, 2014

どうにも生来の寂しがり屋であるようで、一人の暮らしには耐えられないものを感じます。
かといって友人を作り遊び歩いていては、仕事にも生活にも差し障りが生じるようになってしまいます。
そんなわたしのどうしてもやめられないことといえば、ペットを飼ってしまうことです。
自分以外の動物が家の中で気ままに過ごす姿や、たまに触れ合える楽しさは何事にも代えがたい喜びがあります。
仕事で嫌なことがあったときにも物言わぬペットを相手に愚痴をこぼさせてもらえるし、どうしても辛くて泣いてしまったときには慰めに来てくれているとしか思えないような動きを見せてくれて、いつもとても助かっています。
ペットはもはやわたしの家族、生活の一部なのです。
病気になっても保険がきかないために高額の医療費を請求されることがあろうとも、借金をしてでも、わたしの食べるものより高いエサを与えてでも健康を維持して、長く愛らしい姿を見せてほしいと思ってしまいます。

実際に、病院代に結構なお金が掛かってしまい、生活費がなくなって、でもそのままほっておくことなんてできないので、消費者金融(http://xn--lck0c6eya6bc9316d4egxz0c.com/)でお金を借りて病院に連れて行ったこともあります。
ペットを飼うために生活を調整しているので、住む家からしてペットを飼える部屋を選ぶ必要があり、どうしても出費はかさみますが、それでもやめられません。
自分の趣味にかけるお金を削ってでも、ペットのためのおやつやおもちゃに費やしてしまうので、ペット自体が趣味のような側面もあるのかもしれません。
精神的に弱い面のある人間なので、一人暮らしなどするべきではなかったのかもしれないとは思いますが、小さな生き物と一緒に暮らし、その生き物と支え合って生活することには無上の喜びを感じます。
わたしからペットを取り上げたら、何も残らないと思えるほどです。
これからも元気で長生きしてもらうために、できることなら何でもしてやろうと思っています。