単身赴任時代の暇つぶし

今から10年くらい前のことですが、単身赴任で地方から出てきた私は会社が休みの日は暇で暇で仕方なくよくパチスロを打ちに行っていました。
給料の口座は奥さんが管理していて毎月お小遣いをもらう…というお小遣い事情だったので、大負けしてはお金を借りて【パチンコ・スロットの軍資金が足りない時に便利な即日融資カードローン】勝ったら返すというのを家族に内緒で繰り返していました。

ある夏の暑い日に都内を歩いていて、すごくきれいでおしゃれなパチンコ屋さんを見つけました。外観が一見すると外国のブティックなんです。
外はかなり暑かったので、ちょっと入ってみることにしました。

店内はやっぱり普通のパチンコ屋さんでしたが、でも全体に白い感じで入口のマットも高級感のあるものでした。1階の奥の方にちょっと可愛らしい台があったので500円ほど遊んでみようと打ち始めると、ほどなく当たりが来てジャラジャラと玉が出始めました。外の暑さは嘘のように店内は涼しくて快適です。大きなお店なので席もたくさんあり、ゆったりしていていいお店だな~と感心しながら遊んでいました。

1回目の当たりが終わる頃にはかなり完全にほてっていた体は涼しくなっていましたので、これでお店を出ようと思ったらまた次の当たりが来ました。当たりは嬉しいのですが、ちょっとその時は複雑でした。そのお店、本当によく冷房が効いてきたんです。特に私のいた席は、右天井に巨大なエアコンが設置してあり、ゴ~と嵐のように冷風が吹き付けていました。そのせいか、そう言えば周囲にお客さんがほとんどいないんです。お店の奥だからかな…と思っていたのですが。

でも、せっかくの当たりですから頑張らなくてはいけません。冷風はキツイですが、もう少しなら…と打ち続けました。どんどん肩が冷たくなってきます。そして、当たりが終わる頃、また次の当たりが…。
こうなるともう止めようかとも思いましたが、そこはやっぱり欲の皮が言うことを聞いてくれません。上着を持ってくれば良かったとも考えましたが、まさか真夏にこんな寒い思いをするなんて、誰も思わないですよね。長袖を着ている店員さんがとても羨ましく思えました。

そこからまた2回くらい当たりが来て、やっとその席を離れることが出来ました。しかし、鎖骨から肩や右腕にかけて、もう氷みたいにカチコチになってしまいました。
やっとそのおしゃれなパチンコ屋さんを出た時、外の暑さがまるでカイロのようですごくありがたかったです。

結婚祝いを消費者金融で借りた。

主人の毎月の給料では毎月赤字です。

住宅ローン、食費、日用品費、公共料金、携帯電話・電話代などの生活費に加え、子供が幼稚園に通うようになり教育費もかかってきました。毎年一回主人の給料も上がっていきますが、それ以上に支出も増えていくので、結局赤字です。

今年は幼稚園代の授業料、子供の習いごとの月謝代も値上がり、消費税も開始、物価も上昇・・・とお金がかかることばかりです。子供も大きくなってくるので、よく食べるようになり、食費もどんどん増えています。

私が働きに出たいのですが、下の子がまだ小さいため働きに出られません。下の子を預けて、上の子が幼稚園に行っている間の3~4時間くらい働こうかとも考えましたが、下の子は保育園がいっぱいのため、託児所に預けると一時間700円、私のパート代が仮に時給に850円だとしても交通費等を考えるとトントンくらいの収入にしかなりません。

ボーナスで毎回補てんしていますが、それでも足りず貯金を切り崩して生活していますが、貯金ももうすぐ底を尽きるので、微々たるお金にしかなりませんが、私が在宅で内職をして補てんをしています。

先月姉の結婚式があったのですが、その時のお祝いを家族分で包むことができなかったし、もし包んだとしたらこれからの自分たちの生活ができなくなるとおもい、専業主婦が借りれる消費者金でお金を借りて、失礼かと思いましたが、お祝いを包みました。※消費者金融※専業主婦でも総量規制対象外の銀行カードローンならOK

姉にはバレていないので大丈夫だったのですが、気持ちの面では本当に申し訳ない気がしてなりません・・・

あとは日々の生活は節約をして生活するしかありません。たとえば、お風呂の湯は満タンにしない、子供が食事するときはティッシュを使わないように濡れタオルをテーブルに置いておく、家族でお出かけするときは外食をせずお弁当・水筒は必ず持参、お出かけ先は無料施設を選ぶ、実家(県外)へ行くときはガソリン代節約のために高速は使わず一般道でいく、高速をどうしても使うときは深夜割の時間帯にする、子供の髪の毛は自宅でカットなど節約できるところは節約してかなり切り詰めて生活をしています。それでも、苦しいのであとは私が内職でがんばるしかないかなあと考えています。

 

 

生き物を飼ってしまいます

どうにも生来の寂しがり屋であるようで、一人の暮らしには耐えられないものを感じます。
かといって友人を作り遊び歩いていては、仕事にも生活にも差し障りが生じるようになってしまいます。
そんなわたしのどうしてもやめられないことといえば、ペットを飼ってしまうことです。
自分以外の動物が家の中で気ままに過ごす姿や、たまに触れ合える楽しさは何事にも代えがたい喜びがあります。
仕事で嫌なことがあったときにも物言わぬペットを相手に愚痴をこぼさせてもらえるし、どうしても辛くて泣いてしまったときには慰めに来てくれているとしか思えないような動きを見せてくれて、いつもとても助かっています。
ペットはもはやわたしの家族、生活の一部なのです。
病気になっても保険がきかないために高額の医療費を請求されることがあろうとも、借金をしてでも、わたしの食べるものより高いエサを与えてでも健康を維持して、長く愛らしい姿を見せてほしいと思ってしまいます。

実際に、病院代に結構なお金が掛かってしまい、生活費がなくなって、でもそのままほっておくことなんてできないので、消費者金融(http://xn--lck0c6eya6bc9316d4egxz0c.com/)でお金を借りて病院に連れて行ったこともあります。
ペットを飼うために生活を調整しているので、住む家からしてペットを飼える部屋を選ぶ必要があり、どうしても出費はかさみますが、それでもやめられません。
自分の趣味にかけるお金を削ってでも、ペットのためのおやつやおもちゃに費やしてしまうので、ペット自体が趣味のような側面もあるのかもしれません。
精神的に弱い面のある人間なので、一人暮らしなどするべきではなかったのかもしれないとは思いますが、小さな生き物と一緒に暮らし、その生き物と支え合って生活することには無上の喜びを感じます。
わたしからペットを取り上げたら、何も残らないと思えるほどです。
これからも元気で長生きしてもらうために、できることなら何でもしてやろうと思っています。

 

できているつもりでいますが

昔から貯金はしていました。小さい時に私の通帳を母から見せてもらったことがありました。その時の通帳の額は数百円でした。

なので光熱費とかの支払いが滞ってしまい、電気を止められたこともありました。その時母は、消費者金融でお金を借りて支払いをしていたようです。。。

たぶんこういったところですね→今日中にお金を借りるには即日融資可能カードローンを利用しよう
こんなに少ないの?と思い、お金を貯めようと思ったことを今でもはっきり覚えています。その後働けるようになってから、バイトで働いたお金でホームスティに1か月オーストラリアに行きました。そんな訳でお金は貯まるのですが、その後貯まったお金はなんとなくガサっと出ていってしまうことが多いのです。
今現在、主婦で家の家計はわたしがすべてあずかっています。収入分から貯金分や支払い分を引くと、かなり余裕はありませんが、なるべく余裕がない中でやりくりしようと思っています。子供たちにも、私自身もあまり贅沢はできません。最近は洋服すら買うのもためらってしまうほど。でも貯金分はしっかり貯めたいので、なんとか我慢しています。
我が家は主人の給料から毎月決まった額を引き落とされて、積み立てに回しています。またボーナスなども必要分以外はなるべくその積み立ての通帳にすぐに入金するようにしています。そうでないと使ってしまいますから。

その通帳はキャッシュカードがありませんので、簡単に入金はできるものの出金は窓口へいかないと下ろせません。なのでほとんど何かない限りそこからは出金しないようにしています。今までにトータルしたら結構な額貯められたと思いますが、貯まったとよろこんでいると、車を買ったり、まとまった額を必要になったりとなんだかんだ下ろしてしまうのも現実です。

お金って貯まるようでいて、貯まったらまた何かに必要になって出ていくものなんだなとつくづく感じています。でも小銭でも千円でもとにかくコツコツためて行こうと思っています。そしてすぐ出金できない通帳にすぐ入金が鉄則です。

 

サンプリングアルバイトの体験談

私が経験したアルバイトはサンプリングのアルバイトです。
駅やショッピングモールの中でパンフレットやチラシ、ポケットティッシュなどを配る(http://www.gedragsbiologie.org/)仕事です。
毎回、行く場所が違うので、行ったことがない場所にも行けて遠出するときもあったりと、プチ旅行のような感覚で
今日はどんなところなんだろうと毎回新鮮で飽きずに続けることができました。

駅前や外で配ることが多いので、夏はかなり暑くて日焼けするのは当たり前でした。
熱中症にならないようにと、なるべく日陰で配るようにしてはいたのですが、それでもアスファルトの照り返しで
空気がもわっとしていて6時間立ちっぱなしのときなどは結構きつかったです。
朝、7時など早い時間に配るときは3時間くらいで終わるので、とても楽でした。
サラリーマンの方などにポケットティッシュや英会話のチラシを配っていたのですが、
ポケットティッシュはよく受け取ってもらえるので配っていても苦ではありませんでした。

行く先々によって、一緒に配る人も違うので面倒くさい人間関係などもなくて、
配り終わったら終わりという感じでさっぱりしていたのもとても良かったです。
慣れてくると本当に楽だったので、受け取ってもらえないのが苦ではないという人にとっては
おすすめのアルバイトだと思います。
私がアルバイトしていたところは時給1000円だったので、1日6時間で週5日働けば、
1週間で3万円は稼ぐことができたので、私にとっては割にいいアルバイトでした。

交通費は規定範囲内だったので、全額支給というわけではなかったのですが、
それでも働きやすかったので、次の仕事が見つかるまでのあいだ半年くらいは働いていました。
そのままそのアルバイトで生計を立てている方もいたので、長く続ければ時給もさらに
アップしてくれるようです。

 

一人は寂しい

今年の4月から、仕事の都合で大阪から東京に来ています。

単身赴任というやつですね。嫁と子供はそのまま大阪に残り私一人だけ引っ越すことになりました。

最初の頃は一人でのびのびと過ごせるな…って考えていたんですが、 今となっては毎日寂しくて。

家族の大切さが分かってきましたね。早く大阪に帰りたいです。